日常

「どこっすか、中尉殿」

投稿日:

53 :名無しさん@おーぷん 2018/12/18(火)23:52:13 YRj
だいぶ前にやってたとある習い事での話。
その習い事は年齢層が幅広く、下は大学生から上は90歳のおじいちゃんまで。
その90歳のおじいちゃんがかつて陸軍中尉だったらしく、また人柄がとても良いのでみんな「中尉殿」と呼んで慕っていた。

ある日、その中尉殿が俺ともうひとりの仲間で雑談していたところに来て、こう仰った。
「ねえ、ちょっといいかな。あのさ、俺さ、あそこ行ってみたいんだよね」
「どこっすか、中尉殿」
「あの、あれだよ。『お帰りなさいませ、旦那様』ってところ」
「え、メイド喫茶ですか!? 中尉殿、なんでまたそんなところに?」
「うん、冥土の土産にね」

果たして中尉殿が本気でそう言ったのか、または洒落でそう言ったのか、今となってはわからないが、
俺と仲間は笑っていいのかどうかわからず、ただ苦笑い。
「まあ、そのうち行きましょう」となったが、そのすぐ後に俺は急な引っ越しの都合でその習い事を
辞めてしまうことになった。

果たしてその後、中尉殿はメイド喫茶で冥土の土産を堪能したのだろうか。
今となってはわからないが、そういうお年を召した方の寿命をネタにしたジョークは反応に困るw。

しかし、中尉殿がご存命ならば既に百歳を越えているはず。いまだご健康であられればよいが。

ちなみに、俺はあのノリが苦手でメイド喫茶には一度も出入りしたことがない。

引用元:http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1527061949/
54 :名無しさん@おーぷん 2018/12/19(水)10:51:19 Lb9
メイドさんが給仕してくれるだけのメイド喫茶(おかえりなさいませとか変なおまじないとかがない)のもあるからオススメ
55 :名無しさん@おーぷん 2018/12/20(木)04:27:25 eBA
うちではメイドを2人雇ってるからそんなの興味ない

南の国から研修にやってきた人に
休日に東京で観光したいと相談されて
アキバをおすすめした時の一言

-日常

Copyright© ランドセルの微笑み♪ , 2020 All Rights Reserved.